読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカノムラ

ナカノムラの手記

自己啓発

#36 リーダー候補必読!よく出来るリーダーは『感情の操作』をする

リーダーに必要なもの 一つの仕事をしばらく続けていると、リーダー、つまり管理側に就かないかと打診されることがある。打診ではなく命令の場合もあるだろう。どちらにしてもあなたの仕事ぶりの何かが高く評価され、それが根拠となり人選されたに違いない。…

#30 怠惰の繰り返しからの抜け出し方

遊ぶことが好きな人達へ 私も遊ぶことが大好きな人達のうちの一人だ。あまり外に出歩いて騒ぐタイプではないが、Youtubeがあれば外に出なくても永遠に楽しめてしまう。 だがハマりすぎると大変なことになる。私は仕事を自宅でするタイプの職種ではないので、…

#29 損得勘定の正しい使い方

損得勘定 例えばあなたに初めて知り合った人が居たとする。以下の2つのパターンの場合、どちらと関係を持ちたいと思うだろうか。なお、どちらもあなたと同性だと仮定する。 A:会話が面白く一緒に居て飽きないが、周囲からの評判があまり良くない B:会話に…

#27 人からどう思われるかを気にしないなんて無理なのか?

他人はあなたをどう見ているだろうか? 私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書) 作者: 平野啓一郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/09/14 メディア: 新書 購入: 19人 クリック: 299回 この商品を含むブログ (80件) を見る 人が社会の中…

#23 非生産的なことも、実は疲れた心には生産的

だらだら過ごす 私は飼いならされた犬のようにだらだら過ごすことについて、否定的な感情は一切持っていない。世の中にはだらだらしていることを怠慢だとか無気力だとか否定的な言葉で片付けようとする人がたくさんいる。 人間界では本能のままに生きること…

#22 心が疲れたら模様替えをしてみよう

疲弊 現代社会、それは情報社会とも言えます。様々な情報が入り乱れ、それらをうまく自分に取り入れることを強制されています。その様はまるで異種格闘技戦のよう。本来畑違いの人間であったとしても、インターネット上で簡単に情報が入手できてしまう時代に…

#18 自己肯定と自己否定について理解する

自己について 自分の気持ちや得意分野について、実は自分ではイマイチ分かっていないもの。それを理解するために何をすればいいのかは、他所のブログやネットでいくらでも見つかるのでそちらを参照してください。ここではもっと別の視点で自己との対話をしま…

#8 すべての悩みから抜け出したい

悩みなんて全然いらない あなたはよく悩みますか?私はよく悩んでしまいます。家に帰って何を食べるか悩むし、食材を買って料理するか、スーパーで惣菜を買って食べるか、外食をするかっていう様々な選択肢で更に悩みます。そんな小さな悩み以外にも、これか…

#7 お金を稼ぐことが正義じゃない

お金を稼ぐということ お金を稼ぐことは大切です。道ですれ違う殆どの人がお金を稼いでいます。ひょっとしたら貧乏かも知れないし、貧相に見えてもお金持ちかもしれません。世の中の人はみな、多かれ少なかれお金を稼いで生活をしています。 お金は皆さんが…

#6 立ち直るために必要なこと

立ち直るために要した期間は脅威の2週間 前回の記事で私の婚約破棄について触れましたが、今回はそこからどう立ち直ったか説明しますが、私は婚約破棄からなんと2週間で立ち直ることが出来ました。一般的に婚約破棄後のトラウマや心の傷のリカバリには、付き…